作業員

賃貸を返却するなら原状回復工事を専門業者に頼もう

賃借人が退出する時の義務

空室

経年劣化は回復義務がない

アパートやマンションの部屋を借りる時に支払う費用の中に敷金があります。これは部屋を退出する時の現状回復するために使われる費用です。賃借人は借りた部屋をオーナーに返す時には、現状回復をしなければならないという決まりがあるのです。なぜ現状回復しなければならないかというと、明け渡した部屋には次の入居者が入ることになるからです。現状回復の義務がないと賃借人は部屋を乱暴に使ってしまう恐れがあるために、このような決まり事になっています。ただし何でもかんでも現状回復する義務があるわけではなく、経年劣化によって汚れたり変質する物については現状回復する義務はないのです。例えば畳の日焼けや床の自然な汚れなどです。わざと刃物で傷つけたりといった故意が明らかな場合は現状回復しなければならないのです。敷金で工事費用がまかなえる場合は、余ったお金は戻ってきます。まかなえない場合は不足分を支払うことになります。賃借人は現状回復工事をする場合に自分で工事業者を選ぶことができます。現状回復を専門に行っている工事業者がいるので、そのような業者に依頼すればスムーズに部屋を元に戻して、オーナーに明け渡すことができます。このような工事業者を頼む時には、中間マージンがない業者を選ぶようにします。そして工事が迅速で技術力のある業者が適しています。不動産会社ではそのような工事業者と提携している場合が多いので、そのような業者に依頼するのが一般的です。